天皇杯準決勝 等々力も入場者数“上限なし”で開催へ、声出しは不可

[ 2021年11月25日 05:30 ]

満員の埼玉スタジアム
Photo By スポニチ

 日本サッカー協会が来月12日の天皇杯準決勝について浦和―C大阪(埼玉スタジアム)に加え、川崎F―大分(等々力陸上競技場)も条件付きで入場者数の「上限なし」で開催する準備を進めていることが24日までに分かった。

 それぞれ感染対策などの計画を策定し、開催する各自治体から認められることが制限撤廃の条件。申請受け付けは25日からで、日本協会は既に準備を始めている。飛沫(ひまつ)抑制のため「声出し」などは不可となるが、コロナ下で初めて満員のスタジアムが帰ってくる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年11月25日のニュース