仙台・関口 J2降格、指揮官退任も「試合は待ってくれない」「プロとしてしっかり戦う」

[ 2021年11月25日 12:56 ]

 仙台のMF関口訓充(35)が25日、練習後にオンライン取材に対応した。チームは27日に敵地で福岡と対戦する。

 20日の湘南戦に敗れ、J2降格が決定。22日にはチームを率いてきた手倉森誠氏が退任した。ショッキングな出来事の連続に、関口は「結果が出なければ監督が責任を取る。最初にそうなると思うが、選手が2年連続で(監督が)変わっていることをどう受け止めているかが一番大事なことだと思う」と神妙な面持ちで話した。

 そのうえで「ショックで立ち直れたかといったら立ち直れていないのが正直なところだが、試合は待ってくれない。プロとしてピッチでしっかり戦う姿を見せないといけない」と言葉に力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年11月25日のニュース