J理事会、いわきFCのJ3入会を承認。Jヴィレッジ本拠に復興シンボルとして期待

[ 2021年11月25日 18:38 ]

 Jリーグは25日、理事会を開催し、いわきFCのJ3入会を承認した。現在、JFLで首位を走り、既に「全体で4位以内かつ百年構想クラブの中で2位以内」という昇格条件を満たしていた。理事会後にオンラインで会見した村井チェアマンは「Jヴィレッジを本拠地とし、復興のシンボルでもあるクラブ。おおいに活躍して欲しい」と話していた。

 またこの日の理事会冒頭では23日に急逝した湘南のオリベイラ選手に全員で黙とうを捧げた。村井チェアマンは「クラブ、ファン、サポーターの悲しみは想像すら出来ない状況かと思います。残留争いを演じている大事な時期にクラブのショックも大きなものだろうと拝察します。リーグ、全クラブを代表して哀悼の意を表するところであります」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年11月25日のニュース