リバプールがイングランドのクラブとして82年ぶりの記録 公式戦16戦連続でマルチゴール

[ 2021年11月25日 11:33 ]

欧州チャンピオンズリーグ1次リーグB組第5戦   リバプール2―0ポルト ( 2021年11月24日    英国・リバプール )

ポルト戦に出場した南野(AP)
Photo By AP

 リバプールがイングランドのクラブとしては1939年以来という記録を残した。欧州CL1次リーグB組で既に1位突破が決まっていた中、手を緩めることなくポルトに2―0で勝利。公式戦16戦連続で2得点以上のマルチゴールを記録した。

 センターFWとして今季CL初先発した南野は不発に終わったものの、後半7分にMFティアゴが先制点を挙げ、同25分にFWサラーが追加点。9月12日のプレミアリーグ・リーズ戦を3―0で制してから続いていた連続試合マルチゴールを16に伸ばした。リバプール・エコー紙などによれば、イングランドでは第2次世界大戦が始まった1939年にウルバーハンプトンが残した国内2位の記録に82年ぶりに並んだという。

 MFヘンダーソンやDFファンダイクら一部主力を先発から外して休ませたものの、チームとしての総合力を発揮。クロップ監督は「我々にとって簡単な試合と思った人もいたかもしれないが、アンフィールドを満員にしたファンのために戦いたかった。選手は実際にそうしてくれた」と満足げに振り返った。

 連続試合マルチゴールのイングランド記録はサンダーランドが1927年に残した17試合。16試合の間に12勝3分け1敗で49得点15失点と圧倒的な成績を残しているリバプールは、27日のプレミアリーグ・サウサンプトン戦でサンダーランドの記録に挑む。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年11月25日のニュース