森保監督 対戦相手希望は「一番強い国で」、1・27中国戦直前を予定

[ 2021年11月25日 05:30 ]

日本代表の森保監督
Photo By スポニチ

 日本代表の森保一監督(53)が24日、オンライン取材に応じ、来年1月のW杯アジア最終予選前に、強化試合の開催を要望していることを明かした。

 強化試合の対戦国は未定だが、森保監督は「できれば、候補として考えられる国の中で一番強いチームをお願いしています」とした。1月は欧州などでシーズン中とあり、国際Aマッチ期間外に来日できる国は限られる。日本と同じ国内リーグで春秋制を採用しているアジア圏や、最終予選で日本とは別のA組の国などが候補になりそうだ。合宿は約1週間を予定しており、試合開催日は1月27日の中国戦直前を予定している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年11月25日のニュース