川崎F 大島僚太が3カ月ぶり復帰へ!愛息誕生を力にケガ乗り越え…「ここからもう一回始まる」

[ 2021年10月22日 19:27 ]

川崎FのMF大島僚太
Photo By スポニチ

 川崎Fの元日本代表MF大島僚太(28)が、24日のホーム・清水戦で約3カ月ぶりに復帰する可能性が高まった。7月21日のJ2千葉との天皇杯3回戦で右足内転筋を負傷。長いリハビリ生活を続けていたが、今月中旬から全体練習にも合流し、22日のオンライン取材で「数日前から全体練習に入れているので、行けと言われればプレーできる状態ではあります」と出場に意欲を示した。

 鬼木監督も「力的にもある」とメンバー入りの可能性を示唆。「期待は常に大きい。チームをガラッと変えられる、日本にはなかなかいない能力をもった選手」と期待をかけた。

 大島は10日のファン感謝デーで、8月5日に第一子となる男児が誕生したことを報告。今年は開幕直前に負傷して長期離脱を強いられるなど、苦しいシーズンを過ごしているが、妻とともに生まれてきたばかりの子どもの存在が心の支えとなっているようで、この日も「大変なリハビリでもありましたけど、上手くいっていないときに心を落ち着かせてくれたり、凄く助けられているなと思います」と感謝の意を示した。

 今季は残り6試合で、2位横浜との勝ち点差は9。最短Vは11月3日のホーム・浦和戦となる。清水戦はチームにとって約3週間ぶりの公式戦とあり、28歳の司令塔は「ここからもう一回始まるという部分で、みんなの背中を押したいですし、僕自身もしっかり引っ張れるプレーをしたいと思います」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年10月22日のニュース