バルセロナ連敗止めた ピケ弾で初勝利「重要な勝利」

[ 2021年10月22日 05:30 ]

欧州チャンピオンズリーグ 1次リーグ第3戦 E組   バルセロナ1-0ディナモ・キエフ ( 2021年10月20日 )

<バルセロナVSディナモ・キエフ>前半36分、先制V弾を決めて喜ぶピケ(AP)
Photo By AP

 E組のバルセロナはディナモ・キエフを1―0で下し、連敗後に初勝利を挙げた。

 バルセロナは3戦目でようやく初勝利を挙げた。

 CKで攻め上がっていたDFピケが前半36分に左クロスを右ボレー弾。「2試合を終えて勝ち点なしで無得点だったから、1次リーグで最後まで可能性をつなぐために重要な勝利だった」と息をついた。

 DFとしてはロベルト・カルロスに並ぶCL最多の16得点。34歳のベテランはクラブの最年長CL得点記録も更新し、苦闘続きの名門に貴重な勝ち点3をもたらした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年10月22日のニュース