エイバル敗れ8季ぶり2部降格…武藤は前半途中交代、乾は出場機会なく

[ 2021年5月18日 05:30 ]

スペイン1部   エイバル1-4バレンシア ( 2021年5月16日 )

武藤嘉紀
Photo By スポニチ

 MF乾貴士(32)とFW武藤嘉紀(28)の最下位エイバルはバレンシアに1―4で敗れ、8季ぶりの2部降格が決まった。

 乾、武藤は1部残留に貢献できなかった。バレンシア相手に前半30分までに3失点する苦しい展開。リーグ15試合ぶり先発の武藤は見せ場をつくれないまま同36分に早々と交代し、乾は出番がなかった。

 7季とどまった1部リーグからの降格が決定しメンディリバル監督は地元メディアで「いつもは残留のためにホームで勝ち点を重ねたが、今季はそれができなかった」と、本拠地でわずか2勝に終わった成績を嘆いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年5月18日のニュース