J初の女性主審 山下審判員がJ3のYS横浜―宮崎戦を担当

[ 2021年5月17日 05:30 ]

サッカーJ3のYS横浜―宮崎戦で、女性主審として初めてJリーグの試合を担当した山下良美審判員(C)JFA
Photo By 共同

 Jリーグで16日、山下良美審判員(35)が史上初の女性主審として公式戦で笛を吹いた。

 横浜市のニッパツ三ツ沢球技場で行われたJ3第8節のYS横浜―宮崎を担当。毅然(きぜん)とイエローカードを出したり、ラフプレーに注意を与えたりするなど堅実に試合をコントロールした。

 山下主審は日本協会を通じ「一つ一つ丁寧に誠実に対応することだけを考えて試合に臨みました」とコメントした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年5月17日のニュース