【16日J1見どころ】川崎F、新記録達成なるか G大阪―浦和は93年J開幕節と同カード

[ 2021年5月16日 14:00 ]

 明治安田生命J1リーグはきょう16日、第14節最終日の2試合が各地で行われる。

 首位の川崎Fはホームで札幌と対戦。12日の仙台戦では終了直前に追いつかれ勝ち点3を取りこぼしたが、昨年から続く不敗記録を21試合に伸ばし、12~13年大宮のJ1最多連続不敗記録に並んだ。仙台戦から先発6人を入れ替え、MF小塚和季は移籍後初先発、前試合欠場したMFジョアン・シミッチらがスタメン入り。昨季ホーム等々力で唯一敗れた相手だが、新記録達成となるか。

 G大阪―浦和は93年J開幕節(93年5月16日・万博)と同じカード。当時は前半に先制したG大阪が1―0で試合を制している。28周年を迎えた初戦ではどちらが白星を挙げられるか注目だ。G大阪は宮本恒靖監督の契約解除を受け、J開幕の93年に同チームでJデビューした「ミスターガンバ」こと松波正信監督が暫定的に指揮。チームは今季10試合3得点と深刻な得点力不足。DF出身監督からFW出身監督に代わり、攻撃面を改善し、今季2勝目を目指す。浦和は前試合、FWキャスパー・ユンカーがJリーグデビュー戦ゴール。05年ポンテ以来、チーム2人目のデビュー2戦連発となるか。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年5月16日のニュース