浦和・ロドリゲス監督、交代の“劇薬効果”警戒「自分たちのことに集中」

[ 2021年5月15日 05:30 ]

浦和・ロドリゲス監督
Photo By スポニチ

 浦和のロドリゲス監督はアウェーG大阪戦(16日)に向けたオンライン取材に応じ、相手の監督交代による劇薬効果を警戒した。

 「監督が代わると戦術のシンクロはないと思うが、勢いはつく。個で試合を解決できる選手もそろっている。相手の選手、システムは予想しづらいが、自分たちのやることに集中したい」。今季、アウェーでは1勝4敗。「上位に行くにはホームの結果だけでは駄目」と気合を入れていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年5月15日のニュース