ボローニャ冨安 5戦ぶり復帰でドロー、後半31分まで積極プレー見せた

[ 2021年5月3日 05:30 ]

セリエA   ボローニャ3―3フィオレンティナ ( 2021年5月2日 )

フィオレンティナ戦の前半、パスを出すボローニャの冨安
Photo By 共同

 ボローニャの日本代表DF冨安健洋(22)がホームでのフィオレンティナ戦で5試合ぶりの復帰を果たした。

 4月3日のインテル・ミラノ戦で右ふくらはぎを負傷。リハビリを続けていたが、同30日から全体練習に合流すると、この日いきなり3バックの右で先発。交代する後半31分まで約1カ月ぶりの実戦とは思えない積極的なプレーを見せた。試合は3―3で引き分けに終わった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年5月3日のニュース