パルチザン電撃退団の浅野にチームメートが失望感

[ 2021年5月3日 14:32 ]

自身のブログでパルチザンとの契約解除を発表した浅野
Photo By 共同

 報酬未払いなどを理由にセルビア1部パルチザンとの契約を解除した日本代表FW浅野拓磨(26)に関し、チームメートのMFラザル・マルコビッチ(27)が失望感を口にしたと地元メディア「B92」が2日に報じた。

 リーグ2位の18得点を挙げていたエース退団に「失望して言葉もない」と衝撃を受けた様子。報酬の未払いが引き金を引いた退団劇にも「金の問題ではなく、クラブや我々との関係の問題。誰だって金のために働き、報酬は支払われるべきだけど、やり方や時期がある」と訴えた。さらに「シーズン最後の3週間とカップ戦の決勝を残して監督やチームメートを見殺しにしたのか?」と指摘。浅野にとって問題だったのは不誠実なクラブの対応で、チームメートやスタッフらに対しては感謝の気持ちを述べていたが、2位のリーグ戦で4試合を残す終盤戦での電撃退団に波紋が広がった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年5月3日のニュース