ネフチ本田がアゼルバイジャン初ゴール!加入5戦目、左足で決める

[ 2021年5月4日 01:24 ]

本田圭佑
Photo By スポニチ

 アゼルバイジャン1部ネフチの元日本代表MF本田圭佑(34)は3日、敵地のケシュラ戦で移籍初ゴールを決めた。1―0の後半29分に自陣深い位置で自ら相手ボールを奪うと、前線の左サイドにロングパス。そのまま自らゴール前まで駆け上がり、相手DFを引きつけてチームメートが折り返したクロスを左足でゴール右隅に蹴り込んだ。

 前節4月25日のサバフ戦はハンドを取られ、PK判定で先制点を献上。2―2の後半20分に右クロスのコースを左足で変えて移籍初ゴールを決めたかに思われたが、オフサイドの位置にいたチームメートがプレーに関与したと判定されて認められなかった。しかし、加入5戦目で待望の初ゴール。3―0の勝利に貢献し、仲間と喜びを分かち合った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年5月3日のニュース