スペイン・リーグ テバス会長 SL構想は「消滅した」

[ 2021年4月23日 05:30 ]

 スペイン・リーグのテバス会長は22日、オンラインで記者会見し、創設に合意した12クラブの大半が撤退を表明したスーパーリーグ構想について「現実的には消滅したものと思っている」と白紙になったとの認識を示した。

 新リーグ発足を断念していないRマドリードとバルセロナについて、同会長は「処分は考えていないが、今後こういうことが起こらないための対策を講じたい」と述べた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年4月23日のニュース