Eフランクフルト鎌田、また大物食い ドルト、バイエルンに続きリーグ2位ライプチヒから同点弾

[ 2021年3月16日 05:30 ]

ドイツ1部   Eフランクフルト1―1ライプチヒ ( 2021年3月14日 )

<Eフランクフルト・ライプチヒ>ゴールを決め、祝福されるEフランクフルトの鎌田(右、AP)
Photo By AP

 今月末のAと五輪の両日本代表活動を前に、ドイツでサムライたちが14日、続々とゴールを決めた。EフランクフルトのMF鎌田大地(24)は好調のライプチヒ戦で今季4点目。ドイツは州ごとに新型コロナ対策が異なるため代表招集は不透明な部分もあるが、そろって猛アピールとなった。

 鎌田がまた、大物キラーぶりを発揮した。今季4点目は、リーグ2位の好調ライプチヒから。0―1の後半16分にうまくバウンドを合わせ、左からの折り返しを右足で蹴り込んだ。同点ゴールが決まると跳び上がって喜びを表した。

 先月20日にはリーグ8連覇中の首位Bミュンヘン戦で1得点1アシストと全得点に絡む活躍を見せたばかり。昨年末にはドルトムントからも奪うなど、強豪相手のゴールが目を引く。再び価値ある一発でドローに持ち込み、フル出場のMF長谷部も「この勝ち点1を喜んでホームに持ち帰る」と満足げだった。

 鎌田へのビルト紙の採点はチーム最高タイの2点。味方の負傷で入った慣れない右サイドで守備には苦戦したが、左サイドからの折り返しにしっかりと詰めるゴールへの嗅覚は評価された。

 気がかりは試合終盤の負傷。前節を腰痛で欠場したMFは、接触プレーで腰付近を強打して交代。代表活動に向けて一抹の不安を残したが、今こそ代表で見たい存在だ。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年3月16日のニュース