メッシのマラドーナ氏追悼パフォ 規定違反で罰金7万5600円

[ 2020年12月4日 05:30 ]

自身のインスタグラムでマラドーナ(右)と同じポーズの写真をアップして別れを告げるメッシ(本人インスタグラムから)

 バルセロナのFWメッシが、先月25日に死去したマラドーナ氏を追悼するパフォーマンスで罰金処分を受けた。

 同29日のオサスナ戦でゴールを決めた直後にシャツを脱ぎ、下に着込んでいたニューエルス(アルゼンチン)時代のマラドーナ氏のユニホームを披露。主審からは警告を受けていた。規律委員会は追悼行為と認めたものの、シャツを脱いだ規定違反に対する罰金としてメッシに600ユーロ(約7万5600円)を科した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年12月4日のニュース