日本代表、ACL組など帰国後の待機期間中の活動が可能に 東京オリパラ準備トラック適用へ

[ 2020年12月4日 11:15 ]

日本サッカー協会の田嶋会長
Photo By スポニチ

 日本サッカー協会は4日、日本代表及びACL出場クラブの選手、スタッフに対し、日本帰国後14日間の待機期間中における活動(練習や試合参加など)を可能とする措置、アスリート用東京オリパラ準備トラック(通称アスリートトラック)の適用を了解するとの連絡をスポーツ庁より受けたと発表した。

 アスリートトラックの日本人対象者はJOC強化指定選手及び該当選手の関係者などに限られるため、スポーツ庁と調整を重ねてきた。日本代表の活動はJOC強化指定選手の一部が日本代表を兼ねていることから東京五輪に向けた強化活動と見なされること、ACL出場クラブに一部強化指定選手が所属していることから同大会への出場が、東京五輪に向けた強化活動の一環と見なされ、JOC強化指定選手に加え、該当選手が所属するクラブのチームメイトも含め、本トラックの適用対象として了解されることになった。

 国外で開催される日本代表戦及び現在、カタールで開催されているACLに出場する選手・スタッフ、さらにはW杯予選などの国内で開催される日本代表戦に出場するために海外から帰国する日本人選手及び対戦国の選手に関しては、日本協会が専門家の意見を踏まえた対応ガイドライン作成などのアスリートトラックにおける防疫措置を講ずることを条件に、日本帰国後(入国後2週間の待機期間に練習や試合への参加が可能となる。

 田嶋会長は「この度、SAMURAI BLUE(日本代表)やAFCチャンピオンズリーグ2020出場クラブの選手やスタッフが、アスリート用東京オリパラ準備トラックが適用されることになり、政府やスポーツ庁をはじめ多くの関係者の皆様のご配慮にあらためて厚く御礼を申し上げます。来年もスポーツ界はコロナと共存しながら活動をしていかなければなりませんが、今回の決定で対象となる選手やスタッフが帰国後に速やかにトレーニングや試合に参加できることになり、今後の活動やオリンピックに向けた大きな一歩になると考えています」とコメントした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年12月4日のニュース