J2新潟 契約解除2選手の刑事処分決定 ファビオは罰金刑、ペドロ・マンジーは起訴猶予

[ 2020年10月28日 18:21 ]

新潟・ファビオ
Photo By スポニチ

 J2新潟は28日、今月19日付で契約解除となったファビオ(23)、ペドロ・マンジー(32)の道路交通法違反に関する刑事処分が決定したと発表した。ファビオは略式起訴され罰金刑、ペドロ・マンジーは起訴猶予処分となった。

 クラブ公式サイトで2選手の刑事処分について発表。ファビオについて「新潟区検察庁の取調べを経て、本日、道路交通法違反(酒気帯び運転)の罪で略式起訴され、罰金刑を科されました。罰金は即日納付いたしました」とし、ペドロ・マンジーについては「道路交通法違反(酒気帯び運転のほう助)の疑いで新潟区検察庁の取調べを受けましたが、本日、起訴猶予処分となりました。罰金等の刑罰は科されませんでした」と説明した。

 ファビオは先月17日未明、新潟市内で酒気帯び運転した疑い、直前まで同乗していたペドロ・マンジーも同ほう助の疑いでそれぞれ、今月16日に書類送検された。
 

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年10月28日のニュース