FC東京“柏キラー”渡辺 オルンガを警戒 28日ホームで対戦「セットプレーが鍵を握る」

[ 2020年10月28日 05:30 ]

FC東京・DF渡辺剛
Photo By スポニチ

 FC東京はDF渡辺がルヴァン杯決勝の前哨戦に向けて気合を入れ直した。

 28日にホームで対戦する柏は、11月7日に今季初タイトルを争う相手でもある。「ここでFC東京の嫌な印象を与えれば、決勝で戦いやすくなる」と強調。また、得点ランクで首位を快走するケニア代表FWオルンガについては「一瞬の隙を与えたら決める決定力がある」と警戒。その上で、トップチームでのデビュー戦となった昨季のルヴァン杯1次リーグでプロ初ゴールを決め、今季リーグ戦でも得点した“柏キラー”は「セットプレーが鍵を握る」と気を引き締めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年10月28日のニュース