大分・片野坂監督 31日浦和戦は「先に点を取りたい」、前回の雪辱へ意気込み

[ 2020年10月28日 16:10 ]

大分・片野坂監督
Photo By スポニチ

 サッカーJ1大分の片野坂知宏監督が28日、練習後にウェブ会見し、31日にホームで行われる次戦浦和戦への意気込みを話した。

 前回の対戦は先制しながらも敵地で1―2の逆転負け。悔しい敗戦を喫しただけにホームでの雪辱にかける思いは強い。

 浦和の印象について「守備も統制されて攻撃も狙いがはっきりしている。個の能力がたけた選手がたくさんいる。90分の中でクオリティー、攻撃力、強度が落ちないゲームができている」と分析。直近2試合で6点、3点と大量得点を奪っている絶好調の攻撃力を警戒し「できるなら先制点は取らせたくない。先に点を取って優位に展開できれば」と話した。

 敗れはしたものの「内容的には満足」と話す前節のG大阪戦から約2週間の準備期間を経て挑む一戦。「選手層や個人の力では間違いなく浦和が上。守備に対して攻撃で上回っていかないと」。今季残り10戦。かみ合い始めた攻守の連携をさらに磨きあげ、難敵撃破に挑む。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年10月28日のニュース