×

日本代表 コートジボワール戦は久保、伊東らが先発出場!カメルーン戦から7人変更

[ 2020年10月13日 23:12 ]

男子サッカー国際親善試合   日本―コートジボワール ( 2020年10月13日    オランダ・ユトレヒト )

ボール回しをする日本代表イレブン(JFA提供)
Photo By 提供写真

 オランダ遠征中の男子サッカー日本代表は13日、コートジボワール代表との国際親善試合に臨む先発メンバーを発表。9日のカメルーン戦から7人を変更。久保建英(19=ビリャレアル)、伊東純也(27=ゲンク)、ハムストリングの違和感が癒えたMF遠藤航(27=シュツットガルト)も先発に名を連ねた。

 日本代表はカメルーン戦後にFW大迫がブレーメン州のコロナ対策の影響により、17日のフライブルク戦出場へ向け5日間の隔離が必要であることからひと足早くドイツへ帰国。不在となった1トップには鈴木武蔵が起用された。そのカメルーン戦からは大迫を含め堂安、南野、酒井宏らが外れシュミット・ダニエル、室屋、鎌田らを起用。2試合連続での先発は吉田、冨安、中山、柴崎の4人のみ。

 日本代表にとってコートジボワール代表との対戦は過去4回で2勝2敗となっているが、現在2連敗中。直近の対戦は2014年のブラジルW杯1次リーグ初戦で1―2と痛恨の逆転負けを喫した。

<スタメン>
【GK】
シュミット・ダニエル(シントトロイデン)

【DF】
室屋成(ハノーバー)、吉田麻也(サンプドリア)、冨安健洋(ボローニャ)

【MF】
遠藤航(シュツットガルト)、中山雄太(ズウォレ)、柴崎岳(レガネス)、伊東純也(ゲンク)、鎌田大地(フランクフルト)、久保建英(ビリャレアル)

【FW】
鈴木武蔵(ベールスホット)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2020年10月13日のニュース