神戸 7戦連続未勝利 MF山口の先制技あり弾も逆転負け フィンク監督「疲れが出ていた」

[ 2020年9月20日 05:30 ]

明治安田生命J1第17節第1日   神戸1-2名古屋 ( 2020年9月19日    豊田ス )

<名古屋・神戸>前半、厳しいマークに転倒する神戸・イニエスタ
Photo By スポニチ

 神戸は逆転負けでリーグ7試合勝ち星なしとなった。前半15分にMF山口の技ありループで幸先良く先制点を奪ったが、その後はジリ貧の展開。2つのPKを与えてしまった。

 元々、全てのチームが過密日程の今シーズン。そこにACL出場組は輪をかけてハードなスケジュールになった。8月16日の鹿島戦以降は全て週2回ペースで試合。この日は15連戦の11戦目だった。

 山口は「毎試合、走行距離は相手よりも少ない。コンディションの差は完全な言い訳」と口にするものの出足や球際で負けるシーンが多く、攻撃でもミスが目立った。フィンク監督は「相手は水曜日に試合がなかった。こういう連戦だと違いが出てくる。皆さんも分かるとおり、試合後は選手に疲れが出ていた」と嘆き節だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年9月20日のニュース