ルカク、先制点も絶好機逃した…インテル22季ぶり頂点一歩及ばず

[ 2020年8月23日 05:30 ]

欧州リーグ決勝   インテル・ミラノ2―3セビリア ( 2020年8月21日    ドイツ・ケルン )

インテルFWルカクの(右)の絶好機を阻んだセビリア守護神ボノ(AP)
Photo By AP

 インテル・ミラノは22季ぶりの頂点に一歩及ばなかった。PKで先制点を挙げたエースFWルカクは2―2の後半20分にGKと1対1となりながら、GKにシュートを阻まれて勝ち越しの絶好機を逃した。

 就任1シーズン目で名門を欧州リーグ準優勝、セリエA2位に導いたコンテ監督は「私がいても、いなくてもクラブは将来を計画しなくては」と私生活への影響を理由に退任を示唆した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年8月23日のニュース