名古屋、3発快勝!決勝T進出に前進 指揮官「満足している」

[ 2020年8月5日 23:14 ]

YBCルヴァン杯1次リーグ第2節   名古屋3―0清水 ( 2020年8月5日    アイスタ )

<清水・名古屋>前半終了間際、ゴールを決める名古屋DF丸山(左)
Photo By スポニチ

 名古屋はアウェーで清水に快勝し、決勝トーナメント進出に前進した。前半終了間際にDF丸山祐市が先制点を挙げると、後半はMFマテウスとFW山崎凌吾が追加点。同杯2連勝とし、勝ち点を「6」に伸ばした。

 先月、選手とスタッフ合わせて4人の新型コロナウイルス感染者が発生。その影響もあり、1日のリーグ柏戦では今季初黒星を喫した。だがズルズルと崩れず。フィッカデンティ監督は「どちらも勝利を目指したゲームだったが我々が先に得点を取れて、後半はよりほぐれた形で、質としても良いプレーを表現できた。結果的にしっかりと戦ってくれた選手に満足している」と称えた。

 移籍後初得点を挙げるなど2得点に絡んだFW山崎は「強い思いで臨んだ。勝利に貢献できて良かった」。12日に1位突破を掛けて川崎Fと対戦する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年8月5日のニュース