C大阪 FC東京から正式オファーのDF木本が残留の見通し

[ 2019年12月29日 05:30 ]

C大阪のDF木本恭生
Photo By スポニチ

 FC東京から正式オファーを受けていたC大阪のDF木本恭生(26)が、来季も残留する見通しであることが28日、分かった。複数の関係者によると、ACLにも出場するFC東京から高く評価されていたものの、慣れ親しんだクラブで戦い続ける意思を示しているという。

 プロ4年目の今季からDF登録になった木本は、主にセンターバックとして29試合に出場。DFヨニッチらとの最終ラインで堅守を築き、リーグ最少失点に貢献した。来季にロティーナ体制2年目を迎えるC大阪にとって欠かせない戦力だけに、背番号3の残留は朗報だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月29日のニュース