×

鹿島 資料の電子化をスタート 約1000枚の紙の削減に成功

[ 2019年11月30日 18:43 ]

 鹿島は30日の明治安田生命J1第33節神戸戦から、ホーム開催時にメディアへ配布する資料の電子化をスタートした。オンライン上でファイル管理ができ、取材要項や試合の公式記録などの資料が随時蓄積されていく。

 Jリーグではどの会場でもメンバー表や公式記録などが紙で配付されているが、鹿島は今回の電子化で約1000枚の紙の削減に成功。エコにも人員削減にも一役買う、新たな取り組みだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2019年11月30日のニュース