浦和 2年ぶりACL奪還へ“弾丸移動プラン”発動!

[ 2019年10月24日 05:30 ]

ACL 準決勝第2戦   浦和1―0広州恒大(2戦合計で浦和3―0広州恒大) ( 2019年10月23日    広州天河 )

<浦和・広州恒大>後半5分、橋岡のクロスを興梠が頭で合わせて先制ゴール
Photo By 共同

 2年ぶりの優勝へ、浦和が“弾丸移動プラン”を発動する。

 アルヒラルとの第1戦は敵地の11月9日。浦和は同5日にリーグ川崎F戦があるが、試合開始時間を当初の19時から18時30分に早めた。同日の深夜便でサウジアラビアに乗り込み、現地での練習を3日間、確保するためだ。

 今後、今月29日に広島戦、11月1日に鹿島戦とハードな日程が続くが、1分1秒も無駄にせず、必勝ロードを進む。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年10月24日のニュース