南野、3戦連発へ 攻撃陣けん引「良いプレーをできれば」

[ 2019年10月9日 05:30 ]

日本代表合宿 ( 2019年10月8日 )

ボールをトラップする南野
Photo By スポニチ

 聖地アンフィールドを静まり返らせたMF南野が、今度は代表の舞台で魅せる。所属するザルツブルクでは、2日に行われた欧州CL1次リーグ・リバプール戦で1得点1アシスト。完全アウェーの中で活躍してから森保ジャパンに合流し「トップレベルで結果を残すことは自信になる。その経験と自信を代表に持ってきて、良いプレーをできれば」と抱負を語った。

 自身にとって3戦連発の期待がかかるモンゴル戦。今回はケガの大迫が不在だが、かつて永井や鎌田、浅野とは前線を形成したことがある。「前の選手は一緒にプレーしたことがある選手が多いので。入った選手の特徴を理解しながらやれたら」。不動のエースを欠く中、背番号9が攻撃陣をけん引する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年10月9日のニュース