長友、モンゴル戦は「白米」になる「“味が出ている”ようなプレーを」

[ 2019年10月9日 05:30 ]

日本代表合宿 ( 2019年10月8日 )

笑顔でランニングする長友
Photo By スポニチ

 DF長友は「白米」になる。モンゴルはFIFAランキング183位の格下。一方、日本代表は大迫不在で前線の組み合わせがこれまでと異なる。

 未知数の一戦を前に、出場すれば国際Aマッチ出場日本歴代単独3位の120試合となるベテランは「いろんな食材とかみ合わせられる」白米のような適応力のある存在になることを表明。「(白米は)かめばかむほど味が出てくる。“長友、味が出ているな”、“融合しているな”と思われるようなプレーをしていきたい」と力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年10月9日のニュース