マジョルカ久保、途中出場で今季2勝目貢献 ホームで攻守に奮闘

[ 2019年10月7日 05:30 ]

スペイン1部   マジョルカ2-0エスパニョール ( 2019年10月6日 )

後半、途中出場し競り合うマジョルカ・久保(右)(C)SAFELOCK Entertainment 
Photo By 提供写真

 マジョルカの日本代表MF久保は6日、ホームのエスパニョール戦に途中出場し、チームの今季2勝目に貢献した。

 2戦連続フル出場から一転、この日はベンチスタートとなったが、1―0の後半12分から出場し、入団以来初となる左MFでプレー。得点にこそ絡まなかったが、後半アディショナルタイムに激しいタックルを見せるなど攻守に奮闘した。

 チームはエイバルとの開幕戦に勝って以来6試合勝ちなし。順位も降格圏の19位にまで転落した。この日は18位のエスパニョールとの対戦で、ホームで絶対に勝ち点3が必要だった中、久保も日本代表合流前の一戦で闘志を見せた。A代表最年少ゴールの期待がかかるW杯予選へ、8日にも森保ジャパンに合流する。(マジョルカ・加藤雅子通信員)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年10月7日のニュース