鎌田 同点オウンゴール誘発!長谷部は守備で勝ち点1貢献

[ 2019年9月24日 05:30 ]

ドイツ1部   Eフランクフルト2-2ドルトムント ( 2019年9月22日 )

ドルトムント戦の後半、シュートを放つEフランクフルトの鎌田(左)。相手選手に当たりオウンゴールとなる
Photo By 共同

 Eフランクフルトは強豪ドルトムント相手に2度追い付き、引き分けに持ち込んだ。

 3バックの中央で奮闘した長谷部は、「勝ち点を拾えて良しとしないと」と、自らに言い聞かせるように話した。後半43分の同点弾は、途中出場の鎌田が放ったシュートが相手に当たり、そのままゴールへ。記録はオウンゴールだったが、鎌田は、「チームとして勝ち点1を取れたので、そこは凄く良かった」と、振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年9月24日のニュース