原口 古巣・浦和でJ1史上初の8年連続2桁得点の興梠「彼のすごさを象徴している」

[ 2019年9月2日 17:35 ]

日本代表活動のために帰国した原口
Photo By スポニチ

 ドイツ2部ハノーバーの日本代表MF原口元気(28)が2日、羽田空港着の航空機で帰国した。森保ジャパンに選出され、5日に国際親善試合パラグアイ戦、10日に22年W杯カタール大会アジア2次予選の初戦ミャンマー戦に臨む。

 1日にJ1史上初の8年連続2桁得点を達成した浦和のFW興梠慎三(33)とは、自身の古巣でもある同クラブで13年から約1年半にわたってともにプレー。元同僚について、「彼のすごさを象徴していると思う。今の浦和は厳しい状況かもしれないが、彼だけはコンスタントに活躍していて、すごいなと思います」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年9月2日のニュース