森保監督 ミャンマーに“007”派遣 世界135位の格下にも妥協なし

[ 2019年9月2日 08:00 ]

森保監督
Photo By スポニチ

 日本代表の森保一監督(51)が、22年W杯カタール大会アジア2次予選初戦のミャンマー戦(10日、ヤンゴン)へ向けて“007”を派遣する。 日本代表メンバー  日程&結果

 2日から始まる代表合宿を前に、取材対応。すでに映像は入手しているが、5日のアジア2次予選モンゴル―ミャンマーの一戦にも「もちろん行っています」と分析スタッフを派遣していることを明かした。FIFAランキング33位の日本に対して、ミャンマーは135位。だが「W杯出場に向けて厳しい戦いに勝利するための覚悟を見せたい」と妥協はない。7大会連続W杯出場へ向けた戦いが、いよいよ始まる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年9月2日のニュース