浦和MF関根“ただいまアシスト”復帰戦飾る股抜きクロス

[ 2019年7月21日 05:30 ]

明治安田生命J1第20節   浦和3―1磐田 ( 2019年7月20日    エコパ )

<磐田・浦和>前半、橋岡(左)のゴールをアシストして喜ぶ関根(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 浦和は20日、アウェーの磐田戦に3―1と快勝した。インゴルシュタットから2年ぶりに復帰したMF関根貴大(24)が左ウイングバック(WB)で先発出場。1―0で迎えた前半22分には左サイドから絶妙なクロスでDF橋岡大樹(20)のゴールをアシスト。復帰初戦で圧巻の存在感を見せた。

 あいさつ代わりの一撃は鮮やかな「股抜きアシスト」となった。1―0で迎えた前半22分、関根が左サイドから左足一閃(いっせん)。「股を狙いました。そこを通せば、武藤選手も見えていたし、ファーにも誰かいるだろうと…」。次の瞬間、武藤がスルー。ファーサイドから走り込む橋岡は合わせるだけで十分だった。

 約2年ぶりに立ったJ1のピッチ。「プレッシャーもあった中でワクワクしている自分もいました」と関根。先発を確信したのは前日練習で主力組の左WBに起用された時だったという。時にエゴイストに、ダイナミックなプレーを意識したという。ドリブルの切れ、前への推進力は健在だ。前半だけで3得点と爆発した攻撃を活性化させた。

 欧州での2年間は決して順風満帆ではなかった。17年夏に移籍したインゴルシュタットでは出場機会に恵まれず、昨季はシントトロイデンに期限付き移籍するも左太腿などのケガに泣かされた。新天地を求めた今夏、興梠にも相談を持ちかけたという。「間違いなくレッズが変わるから戻ってこい」と声をかけてもらった。迷いは吹き飛んだ。

 アシストの場面。関根のいる左に展開したのが興梠だった。シュートはまさかの空振りに終わるも、うまくキープし関根にパスを通した。興梠は“空振り”については「シュートフェイントで相手がうまく引っかかった」と笑わせたが、関根のプレーに話題が及ぶと「アイツ(関根)が入ると、こんなにも変わるのかと。100点あげてもいいんじゃないですかね」と称賛が止まらなかった。

 アシスト直後、関根の胸には得点者の橋岡が猛烈な勢いで飛び込んで来た。「言った通り、言った通り!と叫びながら激しかったですね。まあ、あいつ(橋岡)も横浜戦で失点に絡んで落ち込んでましたから…」。試合前から仮想していた得点シーンだった。1―3と大敗した横浜戦(13日)での悔しさを晴らした後輩の喜びを全身で受け止めていた。

 次戦は31日、ホームに鹿島を迎える。関根は「埼スタでやるのが一番のモチベーション。次はゴールを取れれば」と話す。欧州での2年間、激しい当たりの中でプレーしてきた自負がある。体をぶつけられても焦らなかった。ボールを持っても以前より周りが見えるという。成長した姿を見せるには最高の舞台が待っている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年7月21日のニュース