名古屋9戦未勝利 風間監督解任も 後任にベンゲル氏ら浮上

[ 2019年7月21日 05:30 ]

明治安田生命J1第20節   名古屋2―2G大阪 ( 2019年7月20日    豊田ス )

名古屋・風間監督
Photo By スポニチ

 名古屋の風間八宏監督(57)が解任される可能性が高いことが20日、分かった。複数の関係者によると後任にはアーセン・ベンゲル氏(69)やマッシモ・フィッカデンティ氏(51)の名前が浮上している。

 低迷するタレント軍団が大きく揺れ始めた。クラブはこの日、G大阪とホームで戦い、土壇場でドロー。元ブラジル代表FWジョーやオーストラリア代表GKランゲラックを擁しながらリーグ戦9試合連続で勝ち星なしとなった。小西工己社長は試合後に取材に応じ、現体制維持を明言したが、複数の関係者によるとスポンサー側は不満を抱いているという。

 ベンゲル氏は95~96年途中まで名古屋を指揮。その後は21年間、プレミアリーグの名門アーセナルを率いた。フィッカデンティ氏はFC東京や鳥栖で指揮した経験がある。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年7月21日のニュース