U22代表、トゥーロン国際初の決勝進出!メキシコとのPK戦制す

[ 2019年6月13日 05:30 ]

トゥーロン国際大会・準決勝   日本2―2(PK5―4)メキシコ ( 2019年6月13日    フランス・オーバーニュ )

<日本・メキシコ>PK戦を制し初の決勝進出を喜ぶU22日本代表イレブン
Photo By 共同

 トゥーロン国際大会の準決勝が12日、フランスのオーバーニュで行われ、U―22日本代表はU―22メキシコ代表にPK戦の末に勝利し、初の決勝進出を決めた。2―2で90分を終え、PK戦を5―4で制した。

 諦めない気持ちが勝利を引き寄せた。先制されて迎えた後半27分、シュートのはね返りにMF相馬が詰めて1―1。同41分に勝ち越されたが、3分後に途中出場したFW小川が「相手は疲労していたので、最終ラインの裏が空いてくると思って狙っていた」とスペースに見事に抜け出し、起死回生の同点ゴールを決めた。

 日本の最高位は02年の3位。15日の決勝戦で頂点を目指す。横内監督代行は「最後まで我慢してプレーできた。僕らはチャレンジャー。決勝を思い切り楽しみたい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2019年6月13日のニュース