米国、女王貫録13得点!連覇へ大勝発進 大会記録更新

[ 2019年6月13日 05:30 ]

女子W杯1次リーグF組   米国13―0タイ ( 2019年6月11日 )

自身5点目のゴールを決め、チームメートから祝福される米国のモーガン(中央)
Photo By AP=共同

 米国は、連覇に向けて大勝発進した。3―0のリードで迎えた後半にエースFWモーガンが4点を挙げるなど10点のゴールラッシュ。1試合で13得点は07年に11―0でアルゼンチンを下したドイツの記録を更新し、モーガンの5得点は91年のエーカーズ(米国)の1試合最多得点に並んだ。1試合で7人の得点者も過去最多となった。

 エリス監督は「相手に敬意を払って全力を尽くした。得失点差も(突破の)条件であり、勢いをつけることも大事だった」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2019年6月13日のニュース