浦和FWファブリシオ 紅白戦で主力組抜てき、17日湘南戦での復帰目指す

[ 2019年5月16日 05:35 ]

紅白戦で主力組に入った浦和FWファブリシオ
Photo By スポニチ

 昨年9月の左膝前十字じん帯損傷及び内側半月板損傷から復帰を目指す浦和のFWファブリシオ(29)が17日の湘南戦に向け、15日の紅白戦で主力組に抜てきされた。まだ100%の状態ではないものの、興梠、武藤とともに前線を形成し、随所に迫力あるプレーをみせた。

 「うれしい。彼ら(興梠、武藤)のそばでプレーするのは8カ月ぶり。今、大事なのはゲームに慣れ、テンポをつかむこと。献身さを持って一丸となって戦いたい。出場の機会があれば、得点を決めたい。ゴールをめがけ、思い切り足を振りたい」と話した。

 既に13日の桐蔭横浜大との練習試合で実戦復帰しており、急ピッチで完全復活の道を突き進んでいる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年5月16日のニュース