「トクの分も」C大阪ブルーノ・メンデス 相棒の思い背負いダービーへ

[ 2019年5月16日 20:04 ]

サポーターが掲げた都倉の復帰を願う横断幕を前に「トクの分も」と決意を誓ったブルーノ・メンデス
Photo By スポニチ

 C大阪のFWブルーノ・メンデス(24)が、大阪ダービーを前に「トクの分も…」と活躍を誓った。18日のアウェーG大阪戦(パナスタ)に向け、16日に大阪市此花区で調整。定位置を確保しつつあるブラジル人ストライカーは精力的に汗を流した。

 前節横浜戦で負傷したFW都倉賢(32)が「右膝前十字靱帯損傷」と「右膝外側半月板損傷」と診断され、全治まで8カ月を要することから今季絶望に。2トップを組んできた相棒の離脱を受け、ブルーノ・メンデスは言葉に力を込めた。

 「チームにとって凄く良い選手だから。一緒に戦ってきた仲間だから、みんなが“トク(都倉)の分も…”と思っているよ」

 選手全員が都倉の背番号である「9」の入った練習着を着用。クラブハウス前には、サポーターにより都倉の復帰を願う横断幕が掲げられた。思いを背負い、大阪ダービーのピッチに立つ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2019年5月16日のニュース