清水 監督交代に伴う新体制を発表 土斐崎フィジカルコーチは退任

[ 2019年5月15日 15:41 ]

会見に臨んだ篠田監督(左)と大榎GM
Photo By スポニチ

 J1の清水は15日、土斐崎浩一フィジカルコーチ(55)が退任し、国保塁コンディションニングコーチ(42)がフィジカルコーチに就任すると発表した。また、ジェリー・ペイトン・コーチ(62)はGKコーチに就任する。

 清水は0―4で敗れた12日の川崎F戦後にヤン・ヨンソン監督(58)が成績不振を理由に退任すると発表。14日に篠田善之コーチ(47)の新監督就任を発表していた。

 ▼土斐崎浩一フィジカルコーチ 篠田監督のもと、新しい体制の中、若い力で進めていって欲しいと思います。監督だけが変化するよりは、そこにもう一つ起爆剤となり、みんなが更に一体になってもらいたいと願い、自分でアクションを起こさせていただきました。ぜひ、選手たちの爆発に期待しています。これまで3年半、本当にありがとうございました。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年5月15日のニュース