清水、新監督は篠田コーチに「前向きに取り組むことができるか重要」

[ 2019年5月15日 05:30 ]

 清水は14日、成績不振で退任したヤン・ヨンソン監督の後任にFC東京などで監督歴のある篠田善之コーチ(47)が昇格すると発表した。今季は11試合を終えて2勝2分け7敗の勝ち点8で17位に沈んでいる。

 篠田氏はクラブを通じ「改善すべき点はみんなが分かっているので、それに対し、どれだけ謙虚に、前向きに取り組むことができるかが重要」とコメントした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年5月15日のニュース