“中沢2世”畠中、初陣で3試合ぶり完封導いた 左CBでフル出場

[ 2019年3月27日 05:30 ]

国際親善試合   日本1―0ボリビア ( 2019年3月26日    ノエスタ )

前半、畠中 (撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 ボンバー魂を受け継ぐ畠中が、定着への一歩を踏み出した。フル出場して森保ジャパン3試合ぶりの完封に貢献。押し込まれる場面こそ少なかったが、「最初のプレーである程度できていたので、緊張もほぐれて」と安定感のある守備を披露した。攻撃でも前半33分に乾へ鋭いスルーパスを送り、後半も再三得意の縦パスで起点に。「自己評価で言ったら、まだまだ周りを動かしてもっとやりやすいようにできた」。満足はしなかったが、上々のデビューだった。

 昨夏にJ2東京Vから横浜に移籍。新天地では昨季限りで引退した元日本代表DF中沢佑二氏のプロ意識に刺激を受け、大好きなチョコレートやグミ、揚げ物は一切取らなくなった。初舞台を踏んだことで、かつての中沢氏のような定着への思いはさらに増した。「代表でレベルの高い選手や海外でプレーする選手とやることで成長につながると思ったので、またここに来たい」。吉田、冨安、昌子に続くセンターバックの定位置争いに、期待の新星が加わった。

 ▼ボリビアビジェガス監督 非常に強度の高い試合になった。日本の方が攻撃面で我々を上回っていたことは認めないといけない。プレッシャーを受けてボールを保持するのが難しかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年3月27日のニュース