南野、期待に応えるが課題はゴール「カウンターがうまくいった」

[ 2019年3月27日 05:30 ]

国際親善試合   日本1―0ボリビア ( 2019年3月26日    ノエスタ )

後半、ゴール前に迫る南野 (撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 香川と代わって後半23分に途中出場すると早速、期待に応えた。中島、堂安との連係で待望の先制点に関わり、「カウンターの形がうまくいった」と決勝点を振り返った。

 代えが利かない存在であることを証明したが、南米との2連戦ではゴールは奪えずに終わっただけに「2、3点目が取れるチャンスがあったので、個人的にはそこを求めたい」と結果への意欲をにじませた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年3月27日のニュース