岡崎慎司 新たな移籍先候補はクリスタルパレス FW陣不振で補強狙う

[ 2019年1月25日 18:00 ]

レスターの岡崎慎司
Photo By スポニチ

 1月の移籍期間で退団を視野に入れているイングランド・プレミアリーグ、レスターの元日本代表FW岡崎慎司(32)に、また移籍先候補が浮上した。

 プレミアリーグ14位のクリスタルパレスが、岡崎を期限付き移籍で獲得することを希望していると、24日付の英紙インディペンデント(電子版)が報じた。

 元イングランド代表のロイ・ホジソン監督(71)が率いるクリスタルパレスは、膝の怪我を抱えるベルギー人FWクリスティアン・ベンテケ(28)らセンターフォワード陣が不振。1月にストライカーの補強を目指しており、エバートンのトルコ代表FWジェンク・トスン(27)とともに、岡崎を狙っているという。

 これまで地元メディアでは、同じプレミアリーグのハダースフィールド、カーディフ、フラムなどが岡崎獲得に興味を示していると報じられていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月25日のニュース