ポグバ、バルサへ逆オファー?モウリーニョ監督と“確執”で移籍希望

[ 2018年7月16日 15:26 ]

W杯決勝でクロアチアを下し、トロフィーにキスするフランスのポグバ(AP)
Photo By AP

 W杯を制したフランス代表のMFポール・ポグバ(25=マンチェスターU)が、代理人を通じてバルセロナに売り込んでいると15日付のスペイン紙ムンド・デポルティーボが報じた。

 同紙によれば、ポグバの代理人を務めるミノ・ライオラ氏が先日、バルセロナに突如出没。目的は不明としながらも、ポグバがマンチェスターUのモウリーニョ監督(55)との関係が著しくなく、移籍を希望していることから、バルセロナに“逆オファー”したのではないかと予想した。ただ、ポグバはマンチェスターUとの契約を22年6月末まで残しており、移籍金は1000万ユーロ(約123億円)は下らないとしている。

 バルセロナはポグバがユベントスに在籍中だった15年にも獲得に動いており、クロアチア代表とのW杯決勝でゴールも決め母国の2度目のW杯制覇に貢献したポグバへの愛が再熱した形だとスペイン紙は報じている。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年7月16日のニュース