大迫 スイス戦守備のやり方に苦言「30分間で死んでしまう」

[ 2018年6月10日 07:25 ]

国際親善試合   日本0―2スイス ( 2018年6月8日    スイス・ルガノ )

<スイス・日本>前半、負傷し交代する大迫(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 FW大迫が、まさかのアクシデントに襲われた。相手DFとの接触で左腰付近を痛め、前半39分に途中交代した。

 協会関係者によると、軽症で大事を取ったとみられる。だが、なかなかファウルを取ってもらえず「主審と合わなかったですね」と苦笑いした。

 1トップ出場時は、守備に追われるシーンが多く「相手に走らされて、スプリントして、ボールを奪った時には裏を狙って…。もう少し分担するか、皆でカバーして走る距離を減らして守備をするかは課題。あのやり方だと、どの選手も30分間で死んでしまう」と攻守において不完全燃焼に終わり、もどかしそうだった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2018年6月10日のニュース