J初の平日金曜開幕 2・23鳥栖VS神戸 単独カード4度目

[ 2018年1月13日 05:30 ]

 Jリーグは12日、今季のJ1、J2、J3のホーム・開幕カードを発表した。オープニングマッチは2月23日金曜日の鳥栖―神戸戦(ベアスタ)で、同24、25日に開催される第1節の他の8試合に先駆けて行われる。平日開幕は史上初。単独カード開幕は93年のV川崎(現東京V)―横浜M(現横浜)、03年の磐田―横浜、06年のG大阪―浦和に続き4度目となる。

 Jリーグは、露出拡大や新たなファン層の開拓などを目指して、今季は金曜に10試合を行う方針。昨年の理事会や実行委員会で議論を重ねていく中で、金曜の開幕戦を希望するチームを募った結果、鳥栖が名乗りを上げた。

 平日開催には、その試合だけ見れば集客力が低下するなどのデメリットもある。Jリーグの原副理事長は「金曜開催のトライがどう出るか。Jリーグが一日でも多く話題になることを期待している。プレミアムフライデーの選択肢の中にJリーグも入っていければ」と期待。今季全カードは24日に発表される。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年1月13日のニュース