PR:

山中 CKで決勝点アシスト「集中して蹴れた」守備でも貢献

<日本・北朝鮮>山中がCKからアシスト

U―23アジア選手権1次リーグB組 日本1―0北朝鮮

(1月13日 カタール・ドーハ)
 自慢の左足が決勝ゴールをアシストした。前半5分の右CKだ。DF山中がファーサイドを狙い澄ます。マークを外して走り込むDF植田の右足にピンポイントで合わせた。「セットプレーは練習していました。キッカーの質一つで点が取れると思っていた。一本一本、集中して蹴れたので良かったです」。オフサイドの判定で得点とは認められなかったが、後半34分にも左サイドからのFKを岩波の頭に合わせるなど存在感を発揮。勝ち点3で初戦を乗り切り、安どの表情を見せた。

 柏ユースに所属していた16歳の時、Jリーグに出場可能な2種登録されるなど早くから注目された。昨季は柏で11戦に出場して徐々にJ1でも存在感を示しつつある。風下となった後半はDFラインが下がり、再三ピンチにさらされたが、守備面でも耐え切った。「苦しい時間も続いたけど声を掛け合って頑張れた。勝ち点3を取れてホッとしている」と喜んだ。

[ 2016年1月14日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:06月18日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム