サッカー部監督を懲戒解雇、生徒29人は無期停学以上 韓国集団万引で処分

[ 2015年4月24日 23:21 ]

 埼玉県の私立高校サッカー部員が3月に韓国で集団万引した事件で、高校は24日、引率したサッカー部監督の男性教諭(48)を同日付で懲戒解雇したと明らかにした。万引したとされる生徒29人は「無期停学以上」の処分となった。

 校長によると、韓国警察に取り調べを受けた生徒は当初22人だったが、その後の同校の調査で計29人が関わったことが判明。監督の懲戒解雇は、他の生徒数人が「自分もやった」と話したのに高校側に報告しなかったためという。

 また、もう1人の引率教諭も停職1カ月。生徒には今後ボランティアなどを促す。同校は、ホームページ上におわびを載せている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年4月24日のニュース